チャットレディは確定申告が必要!?

チャットレディで得た所得には税金(所得税)が掛かる

日本では所得に応じて、所得税を支払うという制度があります。チャットレディとして働く際に一定の利益を得た場合でも、もちろん払わなければいけません。チャットレディとして働いている方は、ほぼ確定申告をして所得税を納付しています。また、収入に応じて住民税の支払いもしなければならず、働くことで納める税金は高額になることもあります。

基本的には、収入が多ければ多いほど納める税金も高額になり、チャットレディのお仕事は他のお仕事よりも高収入を得られる仕事なので、それだけで高額な税金を納めなければなりません。だからこそどれだけ節税できるかが重要になってくるのです。

確定申告を行う際は、収入から経費を引いた金額が一定額を超えた場合に税が掛かります。

・本業でチャットレディをしている場合は年間38万円以上の所得がある人
・副業でチャットレディをしている場合は年間20万円以上の所得がある人

チャットレディとして働いている人は、上記の額以上の所得がある人は確定申告が必要になります。注意しなければならないのは、上記の金額は収入ではなく、所得であるという点です。

チャットレディが確定申告をお得にする方法

収入ではなく所得で税額が決まるので、所得が一定額を超えなければ確定申告は必要ないということになります。所得とは、収入から必要経費を差し引いた額です。

例えば、本業でチャットレディをしている人が、収入100万円で経費が70万円掛かったとしたら、所得は30万円になり、この場合は確定申告をする必要はありません。仮にこの人の経費が60万円だったら、所得が40万円になるので確定申告が必要になります。

確定申告をする際には経費というのが重要になってきます。経費をゼロで確定申告するとそれだけ税金を多く納めなければいけません。何でもかんでも経費として計上するのはいけませんが、チャットレディのお仕事に関係する支出は経費として認められることが多くなります。

例えば、チャットレディはパソコンを使ってインターネット経由でお客様とコミュニケーションをとる仕事です。その際に使う、「パソコン代金」と「インターネット通信料」はチャットレディのお仕事をする上で必ず必要になるものなので、経費に計上することができます。他には「チャットレディのお仕事のために買った洋服」や「チャットレディのお勉強をするために買った書籍」なんかも経費に計上できる場合もあります。

このように税金の対策として、経費に計上できるものはどんどんしていった方が支払う税額を減らすこと可能です。先ほども言いましたが、何でも経費に計上できるわけじゃなくチャットレディのお仕事に必要なものだけなので、その辺りは注意が必要です。全く関係ないものまで経費に計上してしまわないように気をつけて下さい。

確定申告のサポートが可能なチャットレディ代理店も存在!

確定申告や税金対策の説明をしましたが、馴染みのない人には複雑過ぎたかもしれません。中には、確定申告の説明を受けても「確定申告ができるか心配」だと感じている人も多いと思います。そういった人のために、「確定申告や税金対策のサポート」などをしてくれるチャットレディプロダクションもあります。

具体的には、「税理士による確定申告のサポート」や「専門家による税金対策の提案」など、税金に関する全ての事のサポートを受けられるのです。難しい確定申告はその道のプロに任せて、自分はチャットレディのお仕事だけに集中するということも可能です。

慣れない確定申告をしているとそれだけで働ける時間が減っていきます。そういう部分は専門の人に任せて、自分は仕事に集中するということも可能なのです。そうすることで多くの収入を得ることができます。

チャットレディプロダクションは、「確定申告ができるか不安」だという人でも安心して働ける環境を用意しているのです。税金関係も心配することなく働けるチャットレディで、高収入をゲットしてみてください。