チャットレディの確定申告、経費を上手に計上して税金の節税も

すべての収入に税が掛かるわけではなく、収入から必要経費を差し引いた所得に対して税が掛かります。所得というのは、言い換えれば利益のようなもので、そのお仕事をしてプラスになった金額というイメージです。収入が300万円で必要経費が100万円だと、所得は200万円になり、この200万円に対して納税義務が発生するのです。

確定申告をする際には、この経費が非常に重要なファクターになってきます。経費を上手に計上することによって、最終的に納める税金の額を低くすることも可能なのです。

しかし、何でもかんでも経費として計上できるというわけではなく、チャットレディが確定申告をする際には、チャットレディのお仕事で使った金額しか経費として計上できません。

チャットレディの確定申告時に経費計上して税金対策に利用できるものとは?

・お仕事で使うマイクやカメラ
・ネットのプロバイダ料金
・パソコン代金
・お仕事で着る衣装代や化粧品代

チャットレディとして働く人が経費として計上できる項目としては、主に上記の項目が挙げられます。もちろんこちらの項目以外も経費として認められることもあります。しかし、経費として認められるには、レシートや領収書等が必要になります。チャットレディとして確定申告をする必要がある方は、しっかりとレシートを保管するようにしましょう。