チャットレディが確定申告で払う税金の種類って?

高収入を稼げる仕事だと知られているチャットレディ。チャットレディとして働くだけで、他の仕事では稼げないほどの収入を得られます。しかし、収入を得たということは、それだけ税金を納めなければなりません。ほとんどのチャットレディさんが、「所得税」と「住民税」の納付が義務付けられます。

チャットレディの税金その①:所得税:確定申告しましょう

まずは所得税ですが、こちらは確定申告書を作成して納付します。毎年2月中旬から3月中旬までが確定申告書を作成し、所得税を納付する期間として決められており、その期間に納付できなければ延滞金が発生する場合もあります。必ず期間内に確定申告を終わらせるようにしましょう。

確定申告を行ったら、次は住民税を納めなければなりません。住民税は、市町村によって多少の違いはありますが、所得の10%が一般的な所得税の金額になります。100万円の所得ですと10万円が住民税として納める金額というわけですね。

チャットレディの税金その②:住民税

住民税も市町村によって違いがありますが、およそ6月上旬辺りに自宅に支払い書が届きます。分割で納めることがほとんどで、4分割で住民税を納付します。先ほどの10万円の住民税を例に取ると、1回に2万5000円支払い、それを4回に分けて納付する形です。もちろんお金に余裕がある人は、1回でまとめて支払うことも可能です。

所得税は、確定申告をした延長で払うので忘れることはありませんが、住民税を払い忘れる人は多いです。忘れないようにしっかり納めるようにしましょう。